土地を売却する場合のデメリット

土地を売却する場合には、所有していた土地を売ることになるため、今までその場所で得られていた収益があった場合、その後収益を得ることはできなくなってしまいます。 また、売却した場合、現金がそのまま懐におさまることにはなりません。 税や、仲介手数料、測量費などいくつかの費用がかかるため、その分が差し引かれたものが自分の取り分となります。 その他にも、売却することで利益が出た場合には、その利益に対して税金がかかりますので、注意が必要です。

Copyright ©All rights reserved.土地の活用、アパートやマンション経営.