土地の意味について

土地とは、定められた一定範囲の地面のことをいいます。通常、売買などにおいては利用形態も含むことから、ここでは、建物を建てることができる条件を含めた上で、区分された地面のことを表しています。土地では、地面より上に関しての利用の他に、地面よりも下の部分に関しても含まれることになります。上部、下部に関してはあまり意識されることはありませんが、例えば上空の電線や下部における配管などでは取引をする上では説明がされることになり、その場合には障害物が撤去、移転されることで決着が図られることになります。

Copyright ©All rights reserved.土地の活用、アパートやマンション経営.